隣人とのトラブルは法律相談へ
隣人とのトラブルは法律相談へ

法律相談の範疇には、税に関するものも含まれます。

法律相談という中には、実は税金に関かる法律相談も多いも現実です。法律と言うと、すぐに法律の専門家としての、弁護士を思いつきます。それが普通であり、法律の専門家で、相談する業務をすねことが出来るのは、主に弁護士と限定的な問題を含めて司法書士の2者が上げられます。その中でも、弁護士と言うと、法律の専門家と言うとイメージですが、実は法律だけでなく税金に関する専門家の資格でもあるのです。弁護士の資格の中に、多岐にわたる法律の仕事をすることが出来る総合的な資格であると言えます。意外と知られていませんが、税理士の資格が含まれているのです。また、弁護士は弁理士と言う資格も兼ねています。弁理士は、法律の中でも特許に関する法律的な知識を有する専門家でもあり得ます。

特許の訴訟もするので、弁理士の資格も兼務しています。とは言え、税の専門家としての性格は弱く、法律事務所内に税の専門家の税理士を配置する事務所もあります。ただ、税に熟知している弁護士も多い事も現実です。法律と言えど、税金の金銭の多寡により、その弁護士の能力を推し量られることが多いからです。それが、現実的な実務者としての能力であると言えます。その為、法律相談と言いながら、税に関する法律の相談が多いのも、現実の相談内容になります。法律関係で、問題を解決出来たとしても、税金における特別優遇政策を知らないと、相談者の意に解せず、多額の税金を新たに追徴されることがあり得ます。

お役立ち情報