隣人とのトラブルは法律相談へ
隣人とのトラブルは法律相談へ

過払い請求の法律相談が、多くなっています。

最近世の中の変化も大きいです。その一つに、弁護士事務所や法律事務所が、深夜のテレビコマーシャルや電車にも広告を出しています。その一つに、過払い請求問題があります。社会的な問題として国会でも審議されている大きな問題です。利息や金利と言えば、サラリーマンローンなど、一般的な貸金業者で見られる法律的な用語と言えます。すでにある法律の中にも、利息制限法という利息に関する法律があります。とても古い法律です。貸金に関する法律の中に、大きな括りで、貸金業社の特別の法律である貸金業法と、名目的な利息制限法という2つの矛盾した法律が、二重に存在していたことになります。この曖昧な金利を、グレーゾーン金利と呼ばれます。

それが、最高裁判所の判例の変更等により、利息制限法という法律に、一本にしたことにより、既に支払い過ぎた利息を取り戻す訴訟が、地方裁判所や高等裁判所等で、急増して来ました。この機会を得て、弁護士が特殊法人の弁護士法人などを作って、広くマスコミなとどに広告を出してことにより、国民にも多く過払い訴訟が世に知られました。この事がこの問題をより身近にさせたと言えます。弁護士に法律相談に行くと、支払い過ぎた利息が帰って来るものだと思わることが多くなりました。

お役立ち情報